いま注目のビジネススクールとは

如何に、ビジネススクールを活用するのか

本当にベスト?海外留学

やはり海外留学?

欧米のビジネススクールには、全世界200ヵ国以上から約10万人の留学生が集まっていると言われています。
その半数はアジア人ですが、中国、韓国、インド等の人々がほとんどであり、日本の留学生はまだまだ少ないのが現状です。
でもそれは、チャンスでもあるのです、海外の優秀な人との人脈を形成し、さらにグローバルなコミュニケーション能力を身に着け、高度なキャリアを持つことができるのです。
さらに、日本に進出を考えている企業等、条件によっては海外での就職が叶うこともあるかもしれません。
日本で就職をする場合でも、外資系等の条件の良い就職先が見つかるかもしれません。
今は、まだ少数ですが、今後は、個人のスキルを高めるため、世界で活躍できる自分を育てるため、海外のビジネススクールを利用する人材は増える事でしょう。

国内のビジネススクール

海外のビジネススクールに通うためには、休業、又は退職をしないいけません。
又、旅費、滞在費、授業料、考えれば考えるほど、高額な費用が掛かってしまいます。
日本のビジネススクールには、夜間休日のパートタイムと平日昼間のフルタイムを、選ぶことが出来ます。
仕事を辞めることなく、通学することが可能なのです。
又、MBAを取得するには、通常二年かかりますが、国内にはMBA取得を目的としたものではない、短期の授業もあるのです。
こういう授業は、ビジネス全般について講義するよりも、よりピンポイントでのコースとなります。
短期の授業の場合、細かいコースに分かれていて、自分に必要なスキルのみを選択して受講することが出来ます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る