いま注目のビジネススクールとは

如何に、ビジネススクールを活用するのか

ビジネスの世界においてスキルアップするには?

スキルアップを目指すあなたの為に

MBAプログラムは、ビジネスに関する様々な体系的知識やスキルを習得して、あらゆるビジネスで活躍するリーダーの育成を目的としています。
開講時間は、仕事の後や仕事の休みに通うことが出来る、平日の夜間と土曜日、日曜日のみに開講されるものと、会社の休職、退職を前提とした平日昼間開講されるものがあります。
授業の形式は、知識の提供を主な目的としたレクチャー形式と、ビジネスの実践をメインにしたディスカッション形式の二種類あります。
大学院によっては、この二つの形式がミックスされて提供されます。
教員は学術の研究をメインとしている研究者と、ビジネスの経験が豊富なビジネスマンに分かれます。
授業内容は、論文の提出が多い学術的なものと、実践をメインとした成果重視的なものに分かれます。

他にも取得?ビジネススクール

ビジネススクールで取得することが出来る学位は、主にMBAですが、他にも取得できるものがあります。
MSc(Master of Science)やEMBA(Executive MBA)がそれにあたります。
MScとは、専門の領域に関する知識を持つ人材の育成のことで、企業におけるマーケティング、流通、生産技術、財務、税務、会計、金融等の高度な専門の知識を持たせる事が目的となります。
したがって、ビジネスのリーダーを育てる実践的な側面を持つMBAに対し、必然的に学術的な傾向が強くなります。
EMBAはMBAと厳密な定義の差は有りませんが、通例としては、MBAは実務の経験が三年以上のものが受講資格を有するのに対して、EMBAは実務の経験が一五年程度のビジネスマン向けのプログラムを指すことが多いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る