いま注目のビジネススクールとは

如何に、ビジネススクールを活用するのか

MBAプログラムの目的

中学、高校、大学、ずっと勉強を続けてきて、やっと終了と思ったら、そんなことはありません、まだまだ勉強は続くのです。
ビジネスの世界においても学校に通って更に、スキルアップを求める人が増えてきているのが現状です。
例えば、ある程度の実務を経験した人が、改めて経営学を体系的に学んでより知識の幅を広げていきたい。
現状の打破と、より高度な専門知識を身に着けたい。
そして意外に重要なのが人脈をもっと広げたい。
と、その理由は、様々です。
もちろん、そもそもビジネススクールとは、MBA(Master of Business Administration)を取得することが、一般的な目的です。

MBAとは、経営管理修士号と呼ばれていて、経営学の大学院修士課程を修了すると、与えられる学位の事を指します。
特に海外では、MBAを取得するのが目的なのですが、日本の場合はもうすこし広義にとらわれることがあります。
日本では、一部の外資系企業を除けば、まだまだMBAを重要視しない傾向が色濃いのです。
そもそも日本の企業では、まだ終身雇用が一般的で、転職しようと思っても、欧米に比べると、働くものと企業の間で、MBAが採用や評価になかなか、つながらないのが実情です。
ですから、日本におけるビジネススクールは、様々な仕事に関するノウハウ、スキル、知識等を身に着ける為のセミナーや、各種ビジネス関連の資格を取得したい人の為の予備校の事も指します。
ここでは、今注目されている、ビジネススクール事情を紹介していきたいと思います。

TOPへ戻る